臨床検査技師.com

臨床検査技師.com HOME臨床検査技師になるには臨床検査技師の仕事内容臨床検査技師の待遇就職関連情報知っておきたい資格のこと

知っておきたい資格のこと

細胞検査士について

細胞検査士は、日本臨床検査医学会と日本臨床細胞学会が認定する資格で、指導医の監督の下、細胞診スクリーニングを行なうことができます。臨床検査技師の資格を取ってから、1年以上病院などで実務経験があれば、細胞検査士の認定資格試験を受けることができます。資格を取得すると、スクリーニング細胞診という臨床検査を行なう専門家として活躍でできます。スクリーニング細胞診とは、患者の体から採取した粘膜や、尿、腹水、胸水、噂疲(かくたん)などを顕微鏡で調べ、ガン細胞を見つける細胞検査のこと。ガン罹患率が増加している現代において、早期発見をするためにも、大変重要な検査となっています。有資格者はガン治療の最前線を担うことができるというわけです。

臨床検査技師の資格を持っていれば、もちろん細胞検査は行なえます。ですが、ガン検診が普及したことで、より専門的に細胞診を行なうエキスパートとして、担当分野が細かく分かれている検査センターや病院も増えています。そうなると、認定資格を持っているほうが、活躍できるチャンスが広がると考えられるでしょう。

スクリーニング細胞診という言葉は聞き慣れないかもしれませんが、これは病変の判断を目的として病変部から採取された被検査物を用いない検査です。病変についての良性・悪性は判断しません。スクリーニングで異常が発見され、再検診を行なう場合は、診断細胞診と称され、医師が行なう医療行為となります。

資格は4年ごとの更新となります。更新には、細胞診専門医会への出席や業績単位数などのクリアすべき条件がありますので、きちんと満たすようにしましょう。細胞診は医師との連携プレーが必要で、正確かつ迅速に行なうことで医師の厚い信頼を得ることができます。臨床検査技師の資格を得たら、細胞検査士の資格を合わせて取得することを強くお勧めします。



臨床検査技師になるには

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師の待遇

就職関連情報

知っておきたい資格のこと

このサイトについて

▲ページの上へ戻る