臨床検査技師.com

臨床検査技師.com HOME臨床検査技師になるには臨床検査技師の仕事内容臨床検査技師の待遇就職関連情報知っておきたい資格のこと

就職関連情報

求められる人材とは

臨床検査技師は、検査室の中に閉じこもって検査をしているイメージを持っている人も多いかもしれませんが、血液や尿などの「検体」を扱うばかりでなく、MRIや超音波を使った臨床生理検査では、患者さんと接することもあります。ですから、たとえデータ分析が優秀であっても、無口な研究者であるだけでは勤まりません。検査の説明の仕方や声のかけ方で検査データに影響を与えることもありえます。また、検査中の患者さんの様子を観察したりリラックスできる雰囲気をつくったりして、正しく検査が行なわれているか判断する力も必要です。ただ単に、機器の操作を行い検査するだけでは役不足ということです。こうした能力は、経験によって身に付いていく力ではありますが、患者さんに思いやりの気持ちを持って接し、快適に検査を受けてもらい、最良の結果を得られるよう心がけて取り組める誠実さが必要と言えます。

また、今日の医療は高度に専門化、分野化が進んでいます。「チームの医療」が当たり前となり、その一員として専門知識や技術を発揮するのはもちろんのこと、その他の医療スタッフと協調できるコミニュケーション能力がとても大切です。病院勤務でない場合でも、検査や研究は一人で完結するものではありません。自分の担当業務に責任を持ちながら、他のメンバーと協働する中で最高の結果を出していける人材が求められます。

つまり、いくら最新の機器を導入し、先端の環境が整っていようとも、一番大切なのは、仕事に対する高い意識を持つ「人」であるということです。検査のプロ、医療に携わり大切な人の命を預かるプロとしての自覚を持ち、任された仕事を責任持って全うする人が求められています。検体を扱う業務では、目の前の作業を完璧にこなす効率性やスピードも重視されますが、それ以上に、検体の向こうにいる患者の命に思いを馳せる「心」を持った人であることが大切です。

この検査結果が患者の治療方針を決める、患者を救うための大切なデータを扱っているのだという思いで、細心の注意を払い、最大限の集中力で検体を扱い、最良のデータを導き出すことができる臨床検査技師になろうという気持ちがなければ、ただ検査という「作業を繰り返し行う機械のような人」になってしまい、仕事のやりがいも見つけることができないでしょう。


臨床検査技師になるには

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師の待遇

就職関連情報

知っておきたい資格のこと

このサイトについて

▲ページの上へ戻る