臨床検査技師.com

臨床検査技師.com HOME臨床検査技師になるには臨床検査技師の仕事内容臨床検査技師の待遇就職関連情報知っておきたい資格のこと

臨床検査技師の仕事内容

何ができる資格?

臨床検査技師とは、「厚生大臣の免許を受けて、臨床検査技師の名称を用いて、医師の指導監督の下に、微生物学的検査、血清学的検査、血液学的検査、病理学的検査、寄生虫学的検査、生化学的検査および政令で定める生理学的検査を行うことを業とする者をいう」と定められています。もともとは医師が行なっていた、これらの検査作業ですが、医療の発展にともない、検査も複雑化、器機も高度化が進み、医師が患者への治療に専念するためにも、検査の専門知識を持ったサポート的存在が必要となってきました。その役割を担っているのが「臨床検査技師」というわけです。

患者さんが医者の診断を受けるとき、「頭が痛い」「お腹が張る」などの様々な症状を訴えると、医師が「では、これこれの検査をしてみましょう」と言いながら、検査伝票で必要な指示を出します。それに基づいて、臨床検査技師は血液や尿などを採取したり、画像撮影をしたりして、患者さんのデータを取って医師に伝えます。医師は、問診で得た患者が訴える自覚症状に加え、こうした科学的なデータをもとに病気の診断をしたり、患者さんへの治療方針を決めることになるわけです。

臨床検査技師が伝える情報は、医療において重要な要素となります。そのため、医師も臨床検査技師を頼りにしている部分がある、やりがいのある仕事と言えるでしょう。看護士も血液や尿の簡単な検査はできますが、データの読み方に関しては臨床検査技師のほうが上という場合が多いようです。

臨床検査技師の資格が生かせるのは、何も病院ばかりではありません。最近は、病院検査の機械化・システム化が進み、臨床検査技師の需要が減ってきているという事情もありますが、さまざまな場所で臨床検査技師が活躍しています。主な就職先としては、製薬会社でワクチン製造や検査試薬の開発に携わる、医療機器メーカーの製造・開発をサポートする、食品や化粧品などの成分検査をするなどが挙げられます。生物・化学の専門知識を生かせたり、検査の技術を生かせたりする現場なら、活躍の可能性があると思ってよいでしょう。


臨床検査技師になるには

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師の待遇

就職関連情報

知っておきたい資格のこと

このサイトについて

▲ページの上へ戻る